ロゴ
HOME>イチオシ情報>歯を失ってしまったらすぐにインプラント治療を受けよう

歯を失ってしまったらすぐにインプラント治療を受けよう

院内

歯がないともたらす影響

歯周病は30代以上になると約80%の人が発症していると言われるほど、日本人にとってポピュラーな疾患です。歯周病は症状が悪化すると歯が抜けてしまいますが、もし歯が抜けてしまった場合はどのような影響が考えられるのでしょうか。歯を失ってしまった場合、噛む機能が衰えてしまうため消化器官に負担がかかり、胃や腸の不調を感じやすくなります。噛む力が衰えると胃腸に負担がかかるだけでなく、噛むことで送られる脳への刺激も減るため認知症を発症しやすいというデータもあるようです。また歯の隙間から空気が抜けると発音がしにくくなる、歯が無いということで見た目の審美性にも欠けてしまいます。このように、歯を失うというだけでこれだけの悪影響が考えられるので、もし自分の歯を失ってしまった場合は機能を取り戻すことを考えるべきです。入れ歯やブリッジを作成するという方法もありますが、名古屋市内の歯医者さんの場合はインプラント治療を進めるケースが増えています。

インプラント

インプラントの治療内容

最新の歯科治療として注目を集めているインプラント治療、名古屋市の歯医者さんでも多く行われるようになりました。インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込み、義歯を装着するという外科的手術を行うのが特徴的な歯科治療です。顎の骨自体に金属製の人工歯根を埋め込んだ後、アバットメントという連結器具を装着し、その上にセラミック製の義歯を装着します。自分の歯を失ってしまった場合、入れ歯を作るのが今までの主流でしたが、入れ歯の場合は歯茎の上に義歯をつけることになります。インプラント治療はというと自分では取り外すことができない、人工歯根自体を顎部分に埋入するのが特徴的です。入れ歯やブリッジのようにぐらつくということはなく、健康な歯と見た目や機能性において遜色ないのが魅力と言われています。